人気ブログランキング |

島スクエアフォトクラブ作品集

simasquare.exblog.jp
ブログトップ
2019年 03月 24日

第39回ふれあい市場写真展 2019年3月10日 「みかん」&自由課題

f0277234_21321247.jpg



1 みかんはまめの好物

2 2019127

3 柳井市日積

4 結局、みかんの課題にとりあえず撮っておいた写真を送る

ことになりました。

5 古川 松生

f0277234_21350884.jpg

1 見た目はデコポン味は八朔な三宝柑

2 201936

3 周防大島町家房

5 花田 朋和


f0277234_21362096.jpg

1 注ぐみかん

2019224

3 柳井市

4 ストローの ビタミンカラーが いとたのし

5 大久保 妙子


f0277234_21370849.jpg

1 蜜柑ガラスタイル

 ‐屋代ダムでみつけた治水と実りの歴史

201934

3 周防大島町屋代ダム

4 屋代島 ダムに守られ 実る幸

周防大島は、万葉の時代から屋代島(やしろじま)とも呼

ばれています。屋代ダム建設地点の下流域で、明治191886)年に死者120名にもおよぶ大水害が発生して

います。その後も何度も災害に見舞われていますが、治水

ダムが平成21990)年に19年の歳月を経て完成しました。

 屋代ダム湖の堤頂を散歩していると、蜜柑をデザインし

たガラスタイルが足元にありました。デザインは2種類で

すが、写真は、その内の1つです。今、この地は、人家、

田畑、蜜柑園に豊かに彩られています。

5 新保 眞理


f0277234_21380764.jpg

1 蜜柑地蔵

2 2019216

3 周防大島町小松開作

4 みかん供へて、 母よ、 わたくしもいただきまする

5 三原 伊文


f0277234_21392133.jpg

1 みかん島春三月

2 2016327

3 周防大島町安下庄

4 なんとまあ 年中みかん 屋代島

5 三原 伊文


f0277234_21443595.jpg

1  「はるみ」が届く

2 201938

3 平生町自宅

4 みかんの写真を撮らなくてはと切羽詰まっていたところ、 

 昨夜(7日)妻の友人から届きました。渡りに船とピラミッドにし

て撮りました。深い意味はありません。

5 山本 信夫


f0277234_21454140.jpg

1 周防大島の歴史を味わう

‐さわやか×ほろ苦=みかんご飯

2 2019114

3 岩国市由宇町・自宅

4 みかん飯 丸ごと全部 炊き込んで

周防大島グルメには、鍋奉行御用達みかん鍋、みかん餅、みかん豆腐といろいろあります。だったら、こんなご飯があってもいいよね…と、わが家でみかんご飯を炊いてみました。

さわやかな味に周防大島の今と未来を、みかんの皮のほろ苦さに周防大島の過去を思ったことでした。

5 新保 眞理


f0277234_21463108.jpg

1 娘から孫娘へ

2 201933

3 柳井市日積

4 今日はひな祭り、娘3人と孫娘3人の名前が並んでいます。

孫娘の名前は、椿の木を切ったものに3人の父親に書いても

らっています。

5 古川 松生


f0277234_21471964.jpg

1 河津桜

2 2019225

3 周防大島町小積

5 花田 朋和


f0277234_21481159.jpg

1 河津桜 その1

 2 201934

3 防府市新築地緑地公園

4 鮮やかな河津桜のピンク色は春を感じさせてくれます.

5 吉留 文男


f0277234_21484880.jpg

1 河津桜 その2

201934

3 防府市新築地緑地公園

4 自然が創りだす色彩には不思議なパワー宿っています。

5 吉留 文男


f0277234_21500157.jpg

1 深々と

2019126

3 岩国市錦帯橋

4 暖冬や 至福のひととき 雪景色

5 大久保 妙子


f0277234_21504958.jpg

1 バンブー・ブリッジ(竹の橋)

2 201715

3 カンボジア・コンポンチャム

4 クメールの 古の知恵 仮設橋

カンボジア・首都プノンペンから南東へ120km。メコン川

中流に、日本の支援による「きずな橋」があります。その

下流に、乾季(11月~5月)には竹を編んで造られた幅

3m・長さ2kmの橋が架かります。

橋の向こうは、島。「コッパェン」という村があり、観光客は、 人々の生活やタバコ、トウモロコシ、ジャックフルーツ、バ

ナナ畑などを楽しむことができます。

5 新保 眞理


f0277234_21514339.jpg

1 早春の池

2 2017228

3 周防大島町西屋代

4 水鳥の 浅黄に染まる 春の池

5 三原 伊文


f0277234_21523172.jpg

1 桜のつぼみが

2 201938

3 平生町自宅

4 何とか写真を出さなくてはと思って庭を見渡したところ、 

 これを撮ったらと影の声・・・。

5 山本 信夫


(課題みかん)
今回は賞を差し上げるには皆さんそれぞれもう一工夫なり、技術的に足りなかったりで該当される方は残念ながらいません。
一言ずつコメントします。
1古川さん せっかく犬の好物がみかんという大スクープなのに、この場合ブレては勿体ないです。左手であげながら右手で撮るという難しさもありますが適当に撮ったと感じてしまいます。

2花田さん タイトルが説明文となっていますが、写真を見る人には伝わりにくいことになっていますね。写真の限界でもあります。それよりも木になっている美しい三宝柑を撮ることを優先した方が良かったと思います。
3大久保さん 惜しいです。おいしそうな色合いで撮れていると思うのですが、どうしてもグラスの汚さが目についてしまいます。こういうアップの写真で特に飲食物の時は細心の注意が必要です。タイトルから思ったのは注ぐ瞬間を撮ったほうが良かったのでは?

4新保さん ガラスタイルだけの写真より周囲の環境も入れた方が良かったです。もう少ししゃがんで広角のレンズで下半分にタイルの絵、上半分にダムや通路などの様子が写し込めなかったでしょうか?
5三原さん みかんだけのお供えが大島らしくて良いのですが、素直にそのまま撮ってしまったのが惜しいです。真正面から少しアングルを下げてお地蔵さんの目とその先にみかんを配置したらどうでしょうか?
7山本さん おっしゃる通りピラミッドにすることで深い意味がなくなったと思います。届いたままの箱のフタを開けた状態で撮るとか、みかんを抱えて喜んでいるご家族を撮った方が良かったのではないでしょうか?ただみかん自体はうまく撮れています。

6三原さん 確かに真ん中にずらっとみかんが売られている様は見て取れるのですが、周りを入れ過ぎているので迫力がなく、主役はお客様という感じになっています。望遠レンズで縦位置で撮るだけでもっとみかんが主役になれると思います。
8新保さん お盆の絵柄をこんなに入れたのはわざとでしょうか?これは欲張って失敗してしまいました。紅葉が強過ぎてみかんご飯が目立たないです。主役に専念しましょう。(自由課題)
11吉留さん 河津桜その1 不思議なパワー、力強く咲き誇っている姿を上手く捉えておられます。パソコンで見ても立体感があり迫力を感じます。光の状態と構図がうまく成功しているからです。ただし木の幹にそれぞれ付いている白いプレートが目障りなので、その部分は画面に入らないようにトリミングして桜と空だけの方がベターだと思います。

13大久保さん 感動いたしました!雪降る錦帯橋の冬の風情がよく伝わります。女性二人の服装の色合いも申し分なく、歩ている位置も完璧だと思います。他の歩行者があまり入っていないのも良かったです。そしてストロボの光が程よく効いて画面に奥行きを足していますね。

14新保さん 今回もまた選んでしまいました。竹の橋の珍しさもあるのですが、広角で広大に写すことで人間技の凄さを感じるし、人がいる姿が見えるのでよりカンボジアの人々の暮らしぶりが想像できます。人類の貴重な記録写真にもなっていますね。以上お三方を選ばせていただきました。デジカメはシャッターを押すだけで簡単に撮れてしまうものですが、簡単に撮っちゃったという感じも正直に写ってしまいます。

作品として見てもらうためには撮影に意図があって考えてきちんと撮ることが必要です。その点をどうぞもう一度考えてください。

ワイアイズ 木村ヨーシローY-EYE'Z  Yoshiro Kimura yoshirokimura@gmail.com 0820-28-1860 090-8603-0067





















by simasquare | 2019-03-24 22:03 | ふれあい市場写真展作品


<< 第40回ふれあい市場写真展1....      西蔵写真展31.1.17-28 >>