人気ブログランキング |

島スクエアフォトクラブ作品集

simasquare.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ふれあい市場写真展作品( 34 )


2019年 07月 26日

第41回ふれあい市場写真展の作品

第41回ふれあい市場写真展の作品

課題「梅雨」の作品

f0277234_22114291.jpg

1 雨上がり
2 201973
3 柳井市日積
4 コメント:梅雨の雨の合間に休む蝶を見つけましたので、即課題写真候補としてシャッターを切りました。ラッキーでした。

5 古川 松生

f0277234_22162986.jpg

1 雨と雨の合間に

2019627

3 周防大島町小松

4 フォト五七五:「梅雨晴や泥んこまみれの クツふたつ」

5 細野 万里子

f0277234_22175703.jpg

1 例年より19日遅い梅雨入り

2 2019628

3 周防大島町

4 コメント:川の側での我が暮らしに不安は募りますが、昨年の豪雨被害を思うと一日も早い復興を願うばかりです。

フォト五七五:「空見上げ 被災地想う 祈りかな」

5 新保 眞理

f0277234_22192758.jpg

1 七夕祭り

2 201974

3 防府天満

4 コメント:今宵は天の川を渡れそう!

5 吉留 文男

f0277234_22204241.jpg

1 梅雨空の紫陽花

2 2019年7月11日

3 平生町宇佐木田布路木

4 コメント:明治維新の志士 白井小介の史跡の近く、薄暮の梅雨空に咲いていました。

5 山本 信夫

f0277234_22214231.jpg

1 雨粒のダンス

2 2019630

3 香川県観音寺市

5 大久保 妙子

f0277234_22223770.jpg

1 梅雨の屋代川口

2 2019627

3 周防大島町小松開作

4 フォト五七五:「老いぼれの見送る梅雨の通学路」

5 三原 伊文


ここから自由作品
f0277234_22241443.jpg

1 令和元年生まれ

2 201973

3 柳井市日積

4 コメント:5月から7月はブドウ農家にとって大忙しの時期です。ふれあい市場写真展用の作品も、ブドウ園内で撮るしかありませんからツバメには助けられています。

5 古川 松生

f0277234_22262845.jpg

1 出番を待つ名器

2 2015718

3 周防大島町久賀

4 フォト五七五:「夏祭り おやじバンドと 生ビール」

5 細野 万里子

f0277234_22270968.jpg

1 ヤシの木とスイレンの花

2 2018316

3 カンボジア・シェムリアップ アンコールワット・バライ(灌漑用水湖)

4 コメント:水に写るヤシの木の緑と水面から伸びるスイレンの花の赤。ふたりで見つめ合っているかのよう…。

 フォト五七五:「熱帯の 見つめ合う恋 涼やかに」

5 新保 眞理

f0277234_22282156.jpg

1 梅雨空の観音様

2 2019711

3 平生町宇佐木田布路木

4 コメント:観音様が自宅近くにあり、手を合わせて見上げた時のお姿です。

5 山本 信夫

f0277234_22295550.jpg

 星に願いを!

 201974

3 防府天満

4 コメント家族で短冊に願いを書きましたよ。

5 吉留 文男

f0277234_22310936.jpg

1 天空の鏡

2 2019523

3 香川県三豊市

5 大久保 妙子


f0277234_22321237.jpg

1 梅雨晴間

2 201965

3 周防大島町小松

4 フォト五七五:「白鷺の待ちに待ちたる夢舞台」

5 三原 伊文

f0277234_22330892.jpg

1 二人に幸あれ

2 2019年6月22日

3 広島県世羅町

4 コメント:自然が二人を優しく包み込んでいるように見え

5 明石 哲弥


木村ヨーシローが選んだこの作品

今回は皆様の腕が一段上がったと思えるほど秀作ぞろいで、選考するのは今までで一番悩みました。写真で主題を引き立たせ一枚の絵にするための工夫が見られる作品ばかりでうれしくなりました。でも取りあえず好みで選びます。


*課題「梅雨」


(1)t_7 三原 課題:梅雨の屋代川口

向こう岸に黄色い雨傘の三人。堤に隠れて姿は見えないけれど、子どもを感じるのは恐らく日本人共通のイメージがあるからでしょうね。手前はロープでしっかり結わえてあるけれど、どう見ても現役を引退して痛んでしまった船。この船に撮影者がご自身を投影されて擬人化したことで物語性が増しています。そして鑑賞者も共感するものがあります。激しい雨足もしっかり写っていて、この風景に寂しさや厳しさを添えているのも物語に奥行きを与えていると思います。


(2)t_1 古川2

実は最初よく見るシーンなのでどうかなと思ったのですが、よく見るとしっかり観察されているし、上手く主題を活かす方法で撮影されているのでとても良いと思いました。小さな昆虫とかを撮影するには実はかなりの集中力と注意深い観察力と忍耐強さが要求されるので、私自身は苦手な分野です。しかしこの作品は確かに「ラッキー」で撮られたのかもしれませんが、このラッキーさに甘んじることなく、古川さんは特にお仕事柄小さな世界を観察する機会も多いと思うので、今後も我々が気がついていない世界を写真で示していただけることを期待しております。ちなみにこの作品は右上の雨滴がすごく課題についての効果を発揮しています。有ると無いでは大違いです。


(3)t_2 細野1雨と雨の合間に

最初に苦言ですが左下の空間はオシャレさを意識されているのでは?いや、曇り空を映しているので梅雨っぽくていいかも?と思ったり。広告ならここにコピーが入りやすいのでデザイナーは喜ぶのですが、、、最近の「上手い作例写真」とかだと、こういう空間の取り方を推奨されているようですが、時と場合によると思います。私の考えは素直に「もう少し子どもの様子を見たい」となります。子ども良い瞬間を捉えているので惜しいと思います。それにしても子どもが今も泥遊びに熱中しているのを知るとやはりほっとしました。泥だらけの手と真剣な眼差しも感じられるは良いし、壁に展示してもオシャレだと思います。私が言いたいの斜に構えたオシャレを取るかダサくても?ストレートな感動を取るかということです。いづれにしても大事なのは中身です。


*自由課題


(1)t_8 古川1令和元年生まれ

一目見て素晴らしいと思いました。完璧に決まっていると断言してもいいと思います。真似しようと思っても真似できない世界です。構図の切り取り方と配置のセンス。シルエット気味の露出。飛ぶツバメの位置。全てが調和がとれています。実は電線に止まる鳥の写真には過去に名作がいくつかあるのですが、この作品もその名作に中に入れるべきではないかと思いました。ほぼモノクロですが、あっさりとモノクロに変換してプリントして部屋に飾ることをお勧めします。飽きない作品になると思います。


(2)t_15 明石 二人に幸あれ

世界の中心で愛を叫ぶをそのまま再現したようなまるでアニメのような世界に感動しました。前ボケのふわりとした雰囲気の中に絵になるカップルの仲の良さが表れている瞬間。見るのが眩しいくらいです。この作品にあれこれ言うのは野暮なので絶賛して終わります。


(3)t_10 新保眞理2 と同列で t_13大久保2

この二枚は優劣つけられなくて同列で。どちらお水鏡がモチーフの作品。もちろんよくあるテーマなのですが、どちらもよく計算された作品で文句無く美しいです。恐らく撮り続けることで、見た事がない作品も撮れると思います。そうなんです!見た事がない独特な作品こそ結果的であれ目指すべきです。今回の大久保さんのは正にテレビでも報道されていた通りですが、新保さんのには実は独特の世界観を感じます。


今回選考しなかった作品にも今後の可能性を感じています。大切なのは誰かの真似ではなくて自分の価値観と目でしっかり見ることです。他人の評価は二の次。もちろん私の論評も。(苦笑)そこを常に意識してください。

以上です。

--

ワイアイズ 木村ヨーシロー

Y-EYE'Z Yoshiro Kimura

yoshirokimura@gmail.com

0820-28-1860

090-8603-0067


















by simasquare | 2019-07-26 22:49 | ふれあい市場写真展作品
2019年 05月 27日

第40回ふれあい市場写真展1.5.12

今回の課題は「春の10連休」でした。

f0277234_21230890.jpg

1 こっち向いて

2 2019年5月1日

3 柳井市日積

4 コメント:集合写真 一生懸命なのは 親ばかり

5 古川 松生


f0277234_21234916.jpg

1 風に吹かれて

2 2019年5月5日

3 柳井市柳井川河川敷

4 コメント:チガヤがキレイだったので

5 花田 朋和


f0277234_21252171.jpg

1 航空ショー 軍用機と見物人

2 2019年5月5日

3 米軍岩国基地内

4 コメント:毎年恒例のフレンドシップデーに行ってきました。

 一にも二にも平和が一番です。

5 明石 哲弥


f0277234_21255323.jpg

1 仲良しこよし

2 2019年4月20日

3 岡山県

4 フォト575: 目に映る すべてが遊び場 いとたのし

5 大久保 妙子


f0277234_21263438.jpg

1 お茶も烏龍茶も紅茶も同じ茶葉から-知って驚く留学生-

2 2019年5月4日

3 島根県・津和野

4 フォト575及びコメント

「猛勉強 合間に茶摘み 十連休」

カンボジア・セネガル・マレーシア・モンゴルから来日し、山口県の高等専門学校で土木建築工学や情報電子工学を学んでいる国費留学生です。茶摘みは、彼らにとって初体験!

5 新保 眞理


f0277234_21271063.jpg

1 十連休より自由連休?

2 4月29日(昭和の日)にて

3 昭和記念公園にて

4 またひとつ昭和が遠くなったような?そんな気持ちで園内を巡っておりました。加えて、余り日本語が聞こえず?自撮り棒を持った集団の多かったこと?綺麗に手入れされたお花畑に入り込んで、…何とも?です。

5 秋葉日出人


f0277234_21274249.jpg

1 保育園児のこいのぼり

2 2019年5月8日

3山口・広島県境の小瀬川の大和橋

4コメント:保育園児のこいのぼりが橋上で踊っていました。

 大和橋の近くにある歯医者さんで治療を済ませた帰りに撮りました。

5 山本信夫


f0277234_21282807.jpg

1 新世界

2 2019年5月4日

3 大阪市

5 前 貴棋


                   画像なし

1 変身!鯉のぼり

2 2019年5月2日

3 柳井市日積 ふれあい処437

4 コメント:変身!と呪文を唱えたら、なんと鯉のぼりになりました。

5 三原伊文


以下課題なし自由作品


f0277234_21294129.jpg

1 華太陽

2 2019年5月5日

3 柳井市柳井川河川敷

5 花田 朋和



1 夜桜

2 2019年4月4日

3 岩国市錦帯橋

4 コメント:三脚を持っていかずコンデジ撮影のためほとんどが手振れで全滅、ベンチなどで固定して何とか数枚が使えるかなといったところでした。

5 古川 松生


f0277234_21310923.jpg

1 ひだまり

2 2019年5月5日

3 柳井市姫田

5 花田 朋和


f0277234_21315004.jpg

1 コーヒー・プランテーションへの道‐柬埔寨(カンボジア)珈琲― (コーヒー)の美味しさを求め、ベトナム国境沿いを訪ねてー

2 2018年3月16日

3 カンボジア・モンドルキリ

4 フォト575及びコメント

「馥郁と 香り豊かに 平和の輪」

和平成立から四半世紀。カンボジア経済は成長期に突入し、コーヒーの国内消費も上向きはじめ輸出品目にもなりました。

人々に一服する余裕が生まれたのは何よりです。

5 新保 眞理


f0277234_21322512.jpg

1 些か食傷気味の接頭辞なれど? 平成最後のお花見

2 2019年4月4日

3 国立の大学通り桜並木

4 桜並木に何か相応しい構図、切り取りをと意識しながらも、結果はワンパターンとなってしまい、反省です。

5 秋葉日出人


f0277234_21330081.jpg

1 大山 雪山と桜

2 2019年4月28日

3 鳥取県西伯郡大山町

4 コメント:雄大な山の存在感にかき消されそうな桜ですが実にけなげです。

5 明石 哲弥


f0277234_21333169.jpg

1 小手鞠(こでまり)

2 2019年5月2日

3 平生町宇佐木

4 コメント:離れて見るとまるで大きな白い鞠のようでした。   妻の実家の裏庭の草刈りをしていた時に撮りました。

5 山本信夫


f0277234_21340718.jpg

1 戦闘機と曲芸飛行機

2 2019年5月5日

3 米軍岩国基地内

4 コメント:人々を楽しませるための機体とそうでない機体が同じフレームに入りました。

5 明石 哲弥



1 赤青星

2 2019年4月28日

3 海の中道海浜公園

5 前 貴棋


f0277234_21351226.jpg

1 Hello!!

2 2019年1月15日

3 ハワイ

4 フォト575: ふと見ると まるでドラマの ワンシーン

5 大久保 妙子


f0277234_21354260.jpg

春眠

2 2019年5月2日

3 周防大島町志佐トンネル近くの池

4 フォト575:花筏たゆたふ亀の影一つ

5 三原伊文


木村ヨーシローが選んだこの3作品


●課題部門 春の十連休ということで、皆様ご自身が連休をどう過ごしたかを記録されておられるようですが、それだけだと主観的な単なるプライベートな記録写真。そこから一歩抜けるにはどう考えたら良いか?客観的な視点も持っていただきたいと思います。

(1)新保さん1津和野茶摘み>新緑が眩しいくらいの輝きで津和野の美しい風景の中に人物と鯉のぼりを見事に配置されていると思います。少し記念写真的なスナップなのですが、皆さんの表情や仕草がそれぞれ自然で微笑ましいです。日本の豊かな自然と文化と留学生のハーモニーが感じられる秀作だと思います。

(2)三原さん1変身!鯉幟>タイトルは鯉のぼりが子どもに変身したということでしょうか?だとしたら説明し過ぎで失敗です。これは素直に子どもの日の子どもの元気を撮ったということで、変身したかのような連想は鑑賞者に委ねてください。しかし写真自体は感動できる内容です。何より超ローアングルから狙ってジャンプした瞬間を捉えたことを評価したいです。可愛らしい表情がよく見えるのも素晴らしいです。日本晴れと相まって今後の子どもの成長が楽しみに思えます。

(3)古川さん2>人口減少、少子の地方都市では子どもを見かける機会も少なくなったのですが、十連休ということもありこんなに集まったのだろうなと思いました。そしてそんなに滅多に集まることのない子どもの集合写真をこれまた今の時代らしくカメラではなくスマホで撮る親御さん。画面に写る画像と現実の二重の風景が少し哲学的に思えてきたり、、、彼らが大人になる頃、この撮影風景がとても懐かしいものになるのではないかと思い、入選とさせていただきました。

●自由部門 今回は全体的にもの足りませんでした。自由部門の作品は普段から色々と撮って絞りに絞った傑作を拝見したいので、実は見方が厳しくなります。でも気になった三点を選んでみました。

(1)古川さん1>錦帯橋の夜桜ですが、多くの人々が夜桜と錦帯橋の組み合わせを撮られるのだと思いますが、花見客に焦点を合わせたのが良いと思います。ただ少し何をしているのかがよく分からないのが残念ですし、周りの三脚や人物はこの場合入れないようにした方が良いです。

(2)前さん2>小さな虫と花のクローズアップの世界。色温度が狂っているのですが、個人的にはファンタジーを感じるので悪くはないと思います。ただてんとう虫はもっと良いポジションに移動したときに撮れなかったのか?と思います。虫の気持ちになって根気よくシャッターチャンスを狙ってください。

(3)三原さん2春眠>亀の気持ち良さそうな感じが伝わってきます。それと水面の反射が模様のようになって、甲羅の模様とも相まって面白いと思います。何気ないけど多分落ち込んだときに見たら癒される写真。そんな効果があると思います。以上です。よろしくお願いします。




by simasquare | 2019-05-27 21:42 | ふれあい市場写真展作品
2019年 03月 24日

第39回ふれあい市場写真展 2019年3月10日 「みかん」&自由課題

f0277234_21321247.jpg



1 みかんはまめの好物

2 2019127

3 柳井市日積

4 結局、みかんの課題にとりあえず撮っておいた写真を送る

ことになりました。

5 古川 松生

f0277234_21350884.jpg

1 見た目はデコポン味は八朔な三宝柑

2 201936

3 周防大島町家房

5 花田 朋和


f0277234_21362096.jpg

1 注ぐみかん

2019224

3 柳井市

4 ストローの ビタミンカラーが いとたのし

5 大久保 妙子


f0277234_21370849.jpg

1 蜜柑ガラスタイル

 ‐屋代ダムでみつけた治水と実りの歴史

201934

3 周防大島町屋代ダム

4 屋代島 ダムに守られ 実る幸

周防大島は、万葉の時代から屋代島(やしろじま)とも呼

ばれています。屋代ダム建設地点の下流域で、明治191886)年に死者120名にもおよぶ大水害が発生して

います。その後も何度も災害に見舞われていますが、治水

ダムが平成21990)年に19年の歳月を経て完成しました。

 屋代ダム湖の堤頂を散歩していると、蜜柑をデザインし

たガラスタイルが足元にありました。デザインは2種類で

すが、写真は、その内の1つです。今、この地は、人家、

田畑、蜜柑園に豊かに彩られています。

5 新保 眞理


f0277234_21380764.jpg

1 蜜柑地蔵

2 2019216

3 周防大島町小松開作

4 みかん供へて、 母よ、 わたくしもいただきまする

5 三原 伊文


f0277234_21392133.jpg

1 みかん島春三月

2 2016327

3 周防大島町安下庄

4 なんとまあ 年中みかん 屋代島

5 三原 伊文


f0277234_21443595.jpg

1  「はるみ」が届く

2 201938

3 平生町自宅

4 みかんの写真を撮らなくてはと切羽詰まっていたところ、 

 昨夜(7日)妻の友人から届きました。渡りに船とピラミッドにし

て撮りました。深い意味はありません。

5 山本 信夫


f0277234_21454140.jpg

1 周防大島の歴史を味わう

‐さわやか×ほろ苦=みかんご飯

2 2019114

3 岩国市由宇町・自宅

4 みかん飯 丸ごと全部 炊き込んで

周防大島グルメには、鍋奉行御用達みかん鍋、みかん餅、みかん豆腐といろいろあります。だったら、こんなご飯があってもいいよね…と、わが家でみかんご飯を炊いてみました。

さわやかな味に周防大島の今と未来を、みかんの皮のほろ苦さに周防大島の過去を思ったことでした。

5 新保 眞理


f0277234_21463108.jpg

1 娘から孫娘へ

2 201933

3 柳井市日積

4 今日はひな祭り、娘3人と孫娘3人の名前が並んでいます。

孫娘の名前は、椿の木を切ったものに3人の父親に書いても

らっています。

5 古川 松生


f0277234_21471964.jpg

1 河津桜

2 2019225

3 周防大島町小積

5 花田 朋和


f0277234_21481159.jpg

1 河津桜 その1

 2 201934

3 防府市新築地緑地公園

4 鮮やかな河津桜のピンク色は春を感じさせてくれます.

5 吉留 文男


f0277234_21484880.jpg

1 河津桜 その2

201934

3 防府市新築地緑地公園

4 自然が創りだす色彩には不思議なパワー宿っています。

5 吉留 文男


f0277234_21500157.jpg

1 深々と

2019126

3 岩国市錦帯橋

4 暖冬や 至福のひととき 雪景色

5 大久保 妙子


f0277234_21504958.jpg

1 バンブー・ブリッジ(竹の橋)

2 201715

3 カンボジア・コンポンチャム

4 クメールの 古の知恵 仮設橋

カンボジア・首都プノンペンから南東へ120km。メコン川

中流に、日本の支援による「きずな橋」があります。その

下流に、乾季(11月~5月)には竹を編んで造られた幅

3m・長さ2kmの橋が架かります。

橋の向こうは、島。「コッパェン」という村があり、観光客は、 人々の生活やタバコ、トウモロコシ、ジャックフルーツ、バ

ナナ畑などを楽しむことができます。

5 新保 眞理


f0277234_21514339.jpg

1 早春の池

2 2017228

3 周防大島町西屋代

4 水鳥の 浅黄に染まる 春の池

5 三原 伊文


f0277234_21523172.jpg

1 桜のつぼみが

2 201938

3 平生町自宅

4 何とか写真を出さなくてはと思って庭を見渡したところ、 

 これを撮ったらと影の声・・・。

5 山本 信夫


(課題みかん)
今回は賞を差し上げるには皆さんそれぞれもう一工夫なり、技術的に足りなかったりで該当される方は残念ながらいません。
一言ずつコメントします。
1古川さん せっかく犬の好物がみかんという大スクープなのに、この場合ブレては勿体ないです。左手であげながら右手で撮るという難しさもありますが適当に撮ったと感じてしまいます。

2花田さん タイトルが説明文となっていますが、写真を見る人には伝わりにくいことになっていますね。写真の限界でもあります。それよりも木になっている美しい三宝柑を撮ることを優先した方が良かったと思います。
3大久保さん 惜しいです。おいしそうな色合いで撮れていると思うのですが、どうしてもグラスの汚さが目についてしまいます。こういうアップの写真で特に飲食物の時は細心の注意が必要です。タイトルから思ったのは注ぐ瞬間を撮ったほうが良かったのでは?

4新保さん ガラスタイルだけの写真より周囲の環境も入れた方が良かったです。もう少ししゃがんで広角のレンズで下半分にタイルの絵、上半分にダムや通路などの様子が写し込めなかったでしょうか?
5三原さん みかんだけのお供えが大島らしくて良いのですが、素直にそのまま撮ってしまったのが惜しいです。真正面から少しアングルを下げてお地蔵さんの目とその先にみかんを配置したらどうでしょうか?
7山本さん おっしゃる通りピラミッドにすることで深い意味がなくなったと思います。届いたままの箱のフタを開けた状態で撮るとか、みかんを抱えて喜んでいるご家族を撮った方が良かったのではないでしょうか?ただみかん自体はうまく撮れています。

6三原さん 確かに真ん中にずらっとみかんが売られている様は見て取れるのですが、周りを入れ過ぎているので迫力がなく、主役はお客様という感じになっています。望遠レンズで縦位置で撮るだけでもっとみかんが主役になれると思います。
8新保さん お盆の絵柄をこんなに入れたのはわざとでしょうか?これは欲張って失敗してしまいました。紅葉が強過ぎてみかんご飯が目立たないです。主役に専念しましょう。(自由課題)
11吉留さん 河津桜その1 不思議なパワー、力強く咲き誇っている姿を上手く捉えておられます。パソコンで見ても立体感があり迫力を感じます。光の状態と構図がうまく成功しているからです。ただし木の幹にそれぞれ付いている白いプレートが目障りなので、その部分は画面に入らないようにトリミングして桜と空だけの方がベターだと思います。

13大久保さん 感動いたしました!雪降る錦帯橋の冬の風情がよく伝わります。女性二人の服装の色合いも申し分なく、歩ている位置も完璧だと思います。他の歩行者があまり入っていないのも良かったです。そしてストロボの光が程よく効いて画面に奥行きを足していますね。

14新保さん 今回もまた選んでしまいました。竹の橋の珍しさもあるのですが、広角で広大に写すことで人間技の凄さを感じるし、人がいる姿が見えるのでよりカンボジアの人々の暮らしぶりが想像できます。人類の貴重な記録写真にもなっていますね。以上お三方を選ばせていただきました。デジカメはシャッターを押すだけで簡単に撮れてしまうものですが、簡単に撮っちゃったという感じも正直に写ってしまいます。

作品として見てもらうためには撮影に意図があって考えてきちんと撮ることが必要です。その点をどうぞもう一度考えてください。

ワイアイズ 木村ヨーシローY-EYE'Z  Yoshiro Kimura yoshirokimura@gmail.com 0820-28-1860 090-8603-0067





















by simasquare | 2019-03-24 22:03 | ふれあい市場写真展作品
2019年 01月 31日

第38回ふれあい市場写真展31.1.13

課題「おせち料理」
f0277234_1533214.jpg

ありがたき友の差入れ
2018年12月31日
岩国市
大久保 妙子

f0277234_1535269.jpg

我が家のおせち
2019年1月1日
宇部市
コメント: 普段おせちは重箱に詰めたりしないのですが、写真を撮るために家にあるものを詰めてみました。
前 貴棋

f0277234_154211.jpg

おもちきらいだもん
2019年1月4日
柳井市日積
コメント: 本当は好き嫌いなく何でも食べるいい子です。
古川 松生

f0277234_154849.jpg

喪中のおせち
2019年1月1日
周防大島町
三原 伊文

f0277234_1541559.jpg

料理男児!きんとん作りに初挑戦 
‐ただ今、東和きんとき芋と格闘中‐
2018年12月30日
京都北野
コメント: 蒸かしたり焼いたり楽しんでねと、こちらから送っている周防大島・東和きんとき芋です。今回は、自分できんとんを作りたいと言い出しました。お祖母ちゃんこだわりの山椒のすりこ木で芋を潰しています。
フォト五七五: ボク作る おせちきんとん 祖母の味 
新保 眞理

f0277234_1542134.jpg

蒸れたゾ~!
2018年12月22日
平生町田布路木
コメント: 「熱ちぃ~!」「気ぃつけて!」 自治会主催もちつき大会の始まりです。
山本 信夫

f0277234_1544318.jpg

よいしょ!
2018年12月22日
平生町田布路木
コメント: 「よいしょ!」「よいしょ!」 子供たちも参加して、      総勢50人のもちつき大会です。
山本信夫

f0277234_1542976.jpg

二の重
2019年1月1日
平生町自宅
コメント: 「ふぅ~、手作りは疲れるねえ」 いただく側はこのほうがうれしいです。
山本信夫


課題なし自由作品
f0277234_1553758.jpg

夕日の道
2019年1月2日
光市
大久保 妙子

f0277234_1554498.jpg

勤労新年
2019年1月3日
周南市 
コメント: 三が日ですが、もう工場群は稼働してました。お疲れ様です。
前 貴棋

f0277234_1555335.jpg

まだ先なん
2019年1月4日
柳井市日積
コメント: ぶどう園から2kmほど先の郵便局まで散歩です。
古川松生

f0277234_156174.jpg

新春屋代ダム
2019年1月2日
周防大島町
三原 伊文

f0277234_156958.jpg

アンコール遺跡 アンコール・ワット(Angkor Wat)
2017年11月6日
カンボジア北西部州都シェムリアップ
コメント: 12世紀前半にヒンドゥー教寺院として造られましたが、16世紀後半に仏教寺院に改修され、現在は上座部仏教寺院。サンスクリット語でアンコールは王都、クメール語でワットは寺院を意味します。大伽藍と美しい彫刻はクメール建築の傑作とされ、国旗の中央にはカンボジア国の象徴として描かれています。
2012年に初めてカンボジアへ行きました。内戦からの復興に向けて頑張っている人々にとって、アンコール遺跡やクメール族の歴史が心の支えとなっていることを知りました。ボランティアで毎年のように通い、現地を切り撮っています。
フォト五七五: ・ 原点は クメールにあり カメラ女子
・ 復興は 誉と伝統 礎に
新保 眞理

f0277234_1561932.jpg

アンコール考古遺跡 コー・ケー(Koh Ker)
2018年3月15日
カンボジア北西部州都シェムリアップ
コメント: アンコール王都考古遺跡コー・ケー。10世紀前半に地方に造られ20年にも満たない短い王都でしたが、7段のピラミッド型寺院を中心に30以上の祠堂や貯水池跡等が残っています。
カンボジア国の長い歴史と奥深さは、近年、再発見されつつあります。アンコール・ワットだけではないことが、ようやく知られるようになりました。
フォト五七五: 死と再生 破壊と創造 王の夢  
新保 眞理



木村ヨーシローが選ぶこの3枚

今回は自由課題も加えていただきましてありがとうございます。
やはり自由にのびのびと撮られている作品は訴える力があると確信しました。
しかし与えられた課題というものも上達する上でも重要でありますので、引き続きこの形で活動されたら良いのではないかと思います。
ちなみに選択するのは課題部門と自由課題部門に分けて考えました。

課題部門
(1位) 三原伊文1 喪中のおせち
とても素敵な笑顔の遺影とおめでたいおせちの組み合わせでいろんな感情を揺さぶられました。哀しさ愛おしさ目出度さ優しさ、、、これ以上言うことありません。

(2位3位)大久保妙子1 ありがたき友の差  前貴棋1 我がやおせち
お二人同位ということで。料理写真の撮り方をマスターするというのは一つの目標にされたら役に立つと思います。
お二人とも余白になる部分に小物を置いて工夫した点を評価させていただきます。
料理写真はおいしそうに見えるライティングが一番大事なので、それはまだまだ追求していただきたいです。
おおまかには部屋の中なら外光の入る窓際。人工照明なら半逆光というものがキーポイントになります。

自由課題部門
(1位)新保眞理3 カンボジア2
絵のような写真という使い古された言い方しかできないのですが、時空を超えて突然目の前にぽっかり現れた遺跡のような雰囲気があります。
旅行者の男性の目線になってそう感じることができます。だから見ていて飽きない写真になっています。もう一枚のカンボジア1はよくある観光写真ですが、それとは違うわけです。赤い服の人が目障りなので一回り小さくトリミングしたほうが完成度が上がります。

(2位)三原伊文2 新春屋代ダム
望遠レンズで風景を切り取って見事な構図を作り光の感じもよくフォトジェニックな一枚ですね。冬特有の空気感がうまく捉えられていて、こんな所に行きたいと思いました。ナイスショットです!

(3位)大久保妙子2 夕日の道
よくあると言えばよくある写真ですが、やはり夕日は絵になりますね。おまけに三人の若者らしきシルエットとくればまさに青春ですね!
海面の反射のその真ん中真正面でシャッターを切り水平線も出したキッカリの横位置構図が嫌みなく決まっています。色味も自然で良いです。

古川さんと山本さんは自然な何気ないスナップで面白さもあるのですが、私の感覚ではもっと撮りようがあるように思われるのです。
人物写真では特に表情(別に笑顔ではなくとも)に鑑賞者は目が行くので、そこに何か惹き付けられるものがあるかどうかがポイントになるように思います。

以上です。

by simasquare | 2019-01-31 15:21 | ふれあい市場写真展作品
2018年 11月 26日

第37回ふれあい市場写真展1018.11.11


今回のふれあい市場の写真展の課題は「食欲の秋」でしたが、思いの外皆さん苦労されたようです。

今年の大島は年初の断水、2歳児の行方不明、逃亡者の潜伏、船舶の衝突による断水‣交通制限など、多分一地域では全国版のテレビ報道第一位だったのではないでしょうか。今まだ大変な状況は続いていますが、三原さんの言われた血は一滴も流れていないという言葉が大島を言いえていて、大島頑張れと応援したいと思っています。

さて、今回の作品をアップしますが、今回の木村さんの講評はこれまでの大甘の講評ではなく、辛口(でもなく中辛にも届かないか?)の講評です。
写真で食べていくプロの写真家に、我々写真が趣味だというレベルの写真を無料で講評してもらえる幸運に感謝したいと思います。

1 祭りは屋台
2 2018年9月23日

3 周南市 山﨑八幡宮
4 コメント:祭りでは屋台で何かを食べるのが日課です。
5 明石 哲弥
f0277234_22310062.jpg
1やきとり、フライドポテト
2 2018年9月23日
3 周南市 山﨑八幡宮
4 コメント:食べたい!!神事を前に不謹慎ですが、腹の虫は正直です。
5 明石 哲弥
f0277234_22310045.jpg

1 栗のダンス

2 2018年10月21日

3 北広島町

5 大久保 妙子
f0277234_22305998.jpg

1 もぐもぐタイム

2 2018年3月21日

3 岩国市

5 大久保 妙子
f0277234_22305959.jpg

1 自然のごちそう

2 2018年11月8日

3 岩国市錦町

5 大久保 妙子
f0277234_22305992.jpg

1 蔦かづらⅠ ‐這いまわる—

2 20181017

3 山口県周南市湯野

4 フォト俳句:古塀を 食べ尽くすかや 蔦かづら

コメント:湯野の奥。蔦かづらが這い、廃屋と古塀を食べ尽くすかのように覆い隠していました。

5 新保 眞理
f0277234_22305864.jpg


1 蔦かづらⅡ ‐巻きつくす—

2 20181017

3 山口県周南市湯野

4 フォト俳句:古塀も 電信柱も 食べ尽くし

コメント:湯野の奥。蔦かづらはさらに食指を伸ば、電信柱を巻き込んで覆い尽くそうとしていました。

5 新保 眞理
f0277234_22305923.jpg


1 刈り取ったぞ

2 2018年10月5日

3 平生町田布路木

4 コメント:自治会有志グループによる休耕田を活用したもち米づくり、稲架けに干して本日の作業完了。暮れにはもちつき大会を行い、残りは販売して活動資金となる。

5 山本 信夫     
f0277234_22514966.jpg
1 稲こき

2 2018年10月19日

3 平生町田布路木

4 コメント:稲こき作業と稲架け撤収、稲藁は地元の八幡宮のしめ縄に使われる

5 山本 信夫

f0277234_22284810.jpg

食欲増進スマイル

2 2018年10月6日

3 柳井市大畠

4 コメント:何よりも楽しみにしている、毎年恒例のクラブのOB会。今年も招待にあずかりました。

5 三原 伊文
f0277234_22285042.jpg

1 優しい手

2 2018年10月6日

3 柳井市大畠

4 コメント:女性剣士は美しく、男性剣士は優しいのが特徴です。

5 三原 伊文

f0277234_22285070.jpg

1 お疲れました
2 2018年9月17日
3 柳井市日積
4 コメント:ぶどう園オープン中でかまってもらえずお昼寝中です。

5 古川 松生

f0277234_22521060.jpg

1 BBQ日和
2 2018
1013
3
柳井市伊保庄

4 フォト俳句:人生は 長くゆっくり 楽しもう
5 古川 松生

f0277234_22522433.jpg


今回のテーマは「食欲の秋」ということで、皆様の写真を拝見したときはこじつけたようなのが多いなと一瞬感じましたが、コメントと合わせて拝見すると変わった見方で面白いと思える部分もありました。発想はあくまでも柔軟にしておきたいものですね。固定観念が一番良くないでしょう。
しかし時間をかけて見返しても今回の作品に関してはちょっといまいち納得できるものがないのです。基本のレベルを上げる必要があると思います。
まず全体的に気になったのが色味です。出力では問題なかったでしょうか?添付画像はデータを軽くしてあるせいもあるかもしれませんがどうも食欲をそそるような色味が出ていません。全体的に彩度が低くコントラストも低いと思います。(撮影後の補正を考えてそういうふうに撮る場合もありますが、その場合はきちんと撮影後の画像処理をしないといけません。)
基本的なことですが、カメラの撮影時の設定の画質に問題はないでしょうか?機種はそれぞれでしょうが、大抵は「スタンダード」になっていると思いますが、これを撮影目的によって変えるというのもひとつのテクニックとなります。「ビビッド」とか「風景」とか「鮮やかに」とかメーカーによって呼称が違うかもしれませんが、面倒でも撮影前に仕上がりをイメージしてそれに合うように設定を変えてみてください。
僕が何度でも強調しておきたいのは、「撮影時にどれだけ仕上がりがイメージできているか?」です。スナップでカメラ片手に散歩しているときでもその日の太陽光の状態を把握しておくことが重要です。例えば真夏や真冬の快晴の日と春や秋の曇天の日ではコントラストがかなり違います。コントラストや彩度は主題を引き立たせる「作画」のために重要な役割を果たします。不必要なところは影の中で沈めて目立たなくしたり、反対にフラットな曇天の光の中で目の前の風景をゆったりと豊かなイメージで捉えたりします。そういう効果、仕組みを理解した上で今後は撮る前に適切な設定になっているか気にしてください。
次に写真にとって一番重要なこと、「切り取る」ということが疎かになっていないか?作品である以上はあわてて取りあえずシャッターを押してみましたでは通用しないので、やはり撮る前に仕上がりまできちんとイメージしてください。不必要なものが入ると鑑賞者は注意を反らされて主題がぼやけてしまうのです。「写真とは引き算である」という名言もあります。(反対に足し算的に撮って後で風俗などを読み解くという写真的な面白さもありますが、それでも良い写真ほど無駄がありません。)やはりどこをどう切り取るかは作者の自意識がどこまで強いかであり、そこに鑑賞者は共感するのだと思います。漫然と不必要で邪魔なものまで入ってしまった写真は手抜きに見えるものです。
写真には様々な分野があり、プロの世界もそれ故その道の専門家がいるわけです。今後は統一のテーマではなく各人好きな被写体、好きなテーマで自由に撮るというのはいかがでしょうか?何か他に事情もあるかと思いますが、皆様でどうぞご検討してください。テーマを与えられたほうが撮りやすいというのであればそれも良かろうかと思います。
それと日頃から好きな写真、名作と言われる有名な写真、好きな写真家の写真集などを何度も見るようにしてください。好きな写真もないのに好きと言われる写真は撮れません。最近あまりにもそういう人が多いと思います。我々写真家の努力不足でもあるのですが、、、がんばります!
今回はお一人簡単アドバイスということでご勘弁ください。

(明石さん)良い場所から撮影されているのでここではやはり迫力のある祭りの写真にするべきでした。コメントを見て「そっちかい!?」とツッコミました。
(大久保さん)子ども二人は文句無くフォトジェニックなのですが、このときたくさん撮られましたか?チャンスが逃げると思って慌てがちなシーンですが、しっかりくらいついてください。構図も距離も変えながら連射していくとここだ!という瞬間が訪れることがよくありますよ。栗はもっと新鮮で美味しそうに撮るテクニックが必要です。

(古川さん)シールを貼られた寝顔が可愛いですが、左上の柄が目障りです。作品のために少し整えるのは良いことだと思います。おいしいぶどうを食べながら寝落ちしたところが希望です。(笑)コスモスとバーベキューはテーマに縛られてしかも欲張って失敗しています。
(新保さん)実は僕が好きな写真なのです。植物の食欲という見方も面白いと思いました。こういうのを撮り続けてシリーズにすることをお勧めします。カラーなので色味をもっと印象深くして欲しいです。2はとても面白い場所なので撮り続けるのも良いでしょう。紅葉した今ならまた違う写真になるはずです。モノクロ化するとまた別の見方ができます。

(山本さん)わりとあっさりした作業の記録写真で終わっています。僕ならイケメン?の一人にモデルを絞って下目から汗かいたり真剣な表情を切り取りたいと思います。集合写真もせっかくなので長く掛けられた稲をバックに撮ったほうが良かったですね。
(三原さん)まず美女に対してカメラが安くありませんか?画質がコンパクトカメラ並みなのでもったいないです。もちもちの肌をしっかりと写し止めてくださいね。食事中の撮影はなかなか気兼ねしますが、シャッターチャンスはワイングラスをおしゃれに持ったところとか、ウインナーをかわいく、、、とか妄想になるので止めますが、もっといろいろと絵になるシーンはあると思いますのでご検討されてください。蛍光灯の室内で料理を美味しそうに撮るテクニックも必要です。

最後に僕が直接指導しているわけではないので恐縮ですが、個人的には好きなものを徹底的に撮るのが写真の上達の早道だと思っております。
写真には様々な分野があり、プロの世界もそれ故その道の専門家がいるわけです。今後は統一のテーマではなく各人好きな被写体、好きなテーマで自由に撮るというのはいかがでしょうか?何か他に事情もあるかと思いますが、皆様でどうぞご検討してください。テーマを与えられたほうが撮りやすいというのであればそれも良かろうかと思います。

※ 島スクエアは起業塾と言ったらいいでしょうか、その島スクエアのフォトクラブですから、その目的は起業に役立つ写真の撮り方を勉強するということで出発しています。したがってただ写真を撮るというのではなく、写真を起業に生かす(仕事のアピールに使える写真を撮る)ことを目的としています。このことから、目的を持った写真を撮ってもらうために課題を出しています。

今後は、アドバイスを取り入れ、課題写真と自由撮影の2枚にするのもありかなと思います。三原さんと相談してお知らせします。

木村ヨーシローさん、ありがとうございました。

古川





by simasquare | 2018-11-26 00:02 | ふれあい市場写真展作品
2018年 09月 14日

第36回ふれあい市場写真展作品

第36回ふれあい市場写真展の課題は「躍動」でした。

岩見神楽1

201877

島根県浜田市 三宮神社

俳句 「雨上がり 夜風が薫 鵺の舞

冨士光 弘治

石見神楽2

2018年7月7日

島根県浜田市 三宮神社

俳句 「清涼殿 吹く涼風や 奇怪なり」

冨士光 弘治

f0277234_18091368.jpg

打ち上げ花火、下から見る

2018年8月16日

周防大島町安下庄

前 貴棋

f0277234_18101337.jpg

ダッシュ!!

2018813

柳井市

前 貴棋

f0277234_18104031.jpg



天に駆け上がる

20187月2日

柳井市日積

コメント: ぶどう園から出る機会もなく、忙しい毎日を送っています。どちらかというと静かなぶどう園で躍動する被写体探しに困りました。自分で出した課題(夏だからイメージしやすいと思ったのですが・・・)に苦しみ、今回は参加のみということでこの2枚です。

古川 松生

f0277234_18105705.jpg

レスキューつばめ

2018年7月14日

柳井市日積

コメント: 高い巣から落ちたつばめをレスキューしました。元気に育ち、数日後飛び立ちました。親つばめの保護がないレスキューつばめが無事育つ可能性は高くはないかもしれませんが、頑張って欲しいものです。

古川 松生

f0277234_18111508.jpg



起業体験

20186月24

周防大島町安下庄

コメント: 地元の中学生が海の市で起業体験をしました。

三原 伊文

f0277234_18113498.jpg

弾ける笑顔

2018年8月19日

柳井市

コメント: 柳井市の子供合唱団「バンビ」のために、スタッフの方々が楽しそうに食事を作っておられました。当然、コーラスもその後の食事会も楽しいものになりました。

三原 伊文

f0277234_18114775.jpg


あの空の向こう

2018年8月9日

岩国市

大久保 妙子

f0277234_18120722.jpg

パパ逃げて

2018年8月25日

岩国市

大久保 妙子

f0277234_18122289.jpg

躍動 -若き遊牧民Ⅰ-

2018年8月6日

モンゴル国・ウブルハンガイ県

コメント: 首都ウランバートルから車で6時間の大草原での撮影です。伝統のゲル(移動式住居)生活ではあっても、ソーラー発電と自家用車は必需品。国民の35%を占める遊牧民に、近代化の波が打ち寄せていました。

新保 眞理

f0277234_18123803.jpg
躍動 -若き遊牧民Ⅱ-

2018年8月7日

モンゴル国・ウブルハンガイ県

コメント: 伝統の遊牧民生活ではあっても近代化の波は、女性にも打ち寄せています。中学生の男の子を育てるお母さんは、私たちのこれからは希望に満ちていると語ってくれました。

新保 眞理

f0277234_18133760.jpg

躍動 -この草原の道の向こうに広がる未来は…-

2018年8月6日

モンゴル国・アルハンガイ県

コメント: 大草原には自然をむき出しにした道が広がっています。高村光太郎の詩「道程」の一節を思い起しました。

新保 眞理

f0277234_18135006.jpg


盆踊りの出し物1

2018年8月15日

平生町

コメント: 宇佐木地区盆踊りの目玉として有志が熱演
山本 信夫

f0277234_18140883.jpg

盆踊りの出し物2

2018年8月15日

平生町

コメント: 宇佐木地区盆踊りの目玉として有志が熱演
山本 信夫

f0277234_18142493.jpg


「木村ヨーシローが選んだこの3枚」
一応自分がどういう想いで写真と向き合っているかを説明したほうが良いと思いまして僭越ながらひとこと。「写真というのは撮影者がどう被写体を見てどう撮るかという人それぞれの個性だと考えていて、私が他人の写真を見るときはその独自性や愛情(思い込み)の深さを重視して選びます。技術はそれを表現するために使うものだと考えていますので、技術が高くても見方が平凡だとつまらなく感じてしまう一方で、技術も向上させないと趣味としてもつまらないと考えています。」

他人様の写真を批評するのは難しいので、ついつい色々言ってしまいます。あくまでも僕個人の考えですので、本意をご理解いただけたら幸いです。

今回のテーマは『躍動』ということですので、それを重視してどの写真が躍動感を感じるかと考えると、恐らく多くの方が例えばスポーツなど被写体が動き回っている姿を捉えた写真だと答えるでしょう。でも躍動の解釈を実際に動きのあるものだけでなく、動きや活気を感じさせる内容を含んでいるとすると他の作品にもその気配は表現されていると思いました。例えば成長する姿も確かに躍動を感じますね。今回は被写体の選択とその被写体をどう捉えたら躍動感を出せるかを考えて撮影された作品を選びました。

●前貴棋2 ダッシュ!!構図とシャッタースピードの選択がお見事です。走っている人はぶれて後ろで見ている人はぶれずに写っていて、その対比が躍動感を感じます。これはこれで完成度は高いのですが、個人的な好みとして構図がまとまり過ぎている分迫力に欠けると感じるので、もう少し寄って見上げるかズームアップして構図を崩せばもっと躍動感が増して面白くなると思います。
f0277234_18104031.jpg
●山本信夫1 盆の出し物1神楽はあまり詳しくないのですが、八岐大蛇ですよね?大蛇に巻き付かれて悪戦苦闘している姿とその横で火を噴く大蛇両方を入れた構図が危機一髪的な緊張感を演出していて迫力満点です。そしてこの作品もやはり大蛇の胴体がぶれている部分と静止している部分が混在して躍動を感じさせてくれます。ただ惜しいと思うのは明る過ぎることです。露出を一段から二段暗くしたらさらに大蛇の不気味さが増して迫力が出ると思います。
f0277234_18140883.jpg

●大久保妙子1 あの空の向こう一見動きがないように思うのですが、見るほどに躍動する不思議な写真です。錦帯橋の美しいアーチが親子と思われる二人に視線を集める効果を持ち、その二人の視線の先には大空で動きの早そうな雲が流れている。それで親子のダイナミックな未来への躍動感を暗示するような設定になっていると思います。階段の横線のリズムも奥へ行くほど狭くなっているので、動かなくてもスピード感を感じてしまうのです。大久保さんは恐らく一瞬で本能的に躍動を感じてシャッターを押されたのだと思いますが、そこがお見事です。
f0277234_18120722.jpg
補足。今回ベスト3には入れませんでしたが、「新保眞理3 躍動-この草原の道の向こうに広がる未来は…-」は現代アートとして部屋に飾っておきたいほどの完成度のある作品だと思いました。ただタイトルも考えると道の上に立ったときの作者の目の前に続く風景であって欲しかったです。もちろん個人的な願望ですのでご参考までに。

f0277234_18135006.jpg



by simasquare | 2018-09-14 18:17 | ふれあい市場写真展作品
2018年 07月 19日

第32回ふれあい市場写真展作品集

第32回ふれあい市場写真展の課題は「生命」でした。
今回の写真展から、プロカメラマンの木村ヨーシローさんにお気に入りの3枚を選んでもらい、「木村ヨーシローが選んだこの3枚」という企画を始めます。
写真展に投稿していただく皆さんの励みになればということで、木村さんにお願いして実現しました。お楽しみ下さい。


1 タイトル 生命 -水玉に宿る-

2 撮影日 平成30年5月24日

3 撮影場所 岩国市・由宇

4 「水玉に 生命宿るか 子ら祈る」

5 新保 眞理

f0277234_13334221.jpg
1 タイトル 飛行訓練 -巣立ち近し-

2 撮影日    平成30年6月18日

3 撮影場所 岩国市・由宇

4 「ツバメの子 生命のバトン 受け継いで」

5 新保 眞理

f0277234_13341882.jpg

1 タイトル 心の旅

2 撮影日    平成30年7月6

3 撮影場所 徳島県

4 

5 大久保 妙子

f0277234_13350772.jpg

1 タイトル 生命の源

2 撮影日    平成30年6月20日

3 撮影場所 岩国市周東町

4 

5 大久保 妙子

f0277234_13395424.jpg

1 タイトル   甘え上手なあすかちゃん、命

2 撮影日  平成30年4月

3 撮影場所  東京府中

4 あるご縁で、ご高齢で介護施設へ入居される方から託された命です。暫くして元の飼い主の方がお見えになった時のことですが、ちゃんと状況を理解しているのか玄関先で、当方側でお座りして元の飼い主さんをお見送り「この家の子になります、心配しないで」と言っているかのような---。良いご縁を頂きました。

5 秋葉 日出人

f0277234_13403863.jpg

1 タイトル   ローズ・カフェ マイガーデン イン 国分寺

2 撮影日   平成30年5月中旬

3 撮影場所  国分寺市

4 近所にある個人宅のお庭ですが、毎年素晴らしいバラの数々開花させ、開放されています。自由にお茶することも可能で、皆さんこの時期を楽しみにしております。ほんとうに有り難いことです。また来年も元気でバラ園の写真が撮れますように---

5 秋葉 日出人

f0277234_13410778.jpg

1 タイトル   

2 撮影日平成30年

3 撮影場所  柳井市日積

4 つばめは巣立ってからも2~3日は夜戻ってくることがあります。ただ今回のつばめはなんと12日間お泊りに帰ってきました。まさかねぐらにされても困るがと思っていましたが、13日目に次のつばめと交代したのか帰ってこなくなりました。5羽のひなが身を寄せ合って寝ています。可愛いですね。

5 古川 松生

f0277234_13413088.jpg

1 タイトル   わるガキ

2 撮影日   平成30年6月2日

 撮影場所  柳井市日積

4 孫二人が隣に住むようになりました。そのパワーに圧倒されます。

5 古川 松生

f0277234_13415896.jpg

1 タイトル    雨の続いた朝のトマト

2 撮影日    平成30年7月7日

3 撮影場所 平生町自宅の庭

4 枯れた庭木の前にトマトが熟してきました。

5 山本信夫

f0277234_13422373.jpg

1 タイトル    雨の続いた朝のトネリコの花

2 撮影日    平成30年7月7日

3 撮影場所 平生町自宅の庭

4 何とか間に合わさなければと思い早朝撮りました。

5 山本信夫

f0277234_13424956.jpg

1 タイトル 35年の歳月

2 撮影日 平成291111

3 撮影場所 柳井市大畠

4 彼らが15歳の時出会って、それから35年。私の古稀を祝ってくれました。

5 三原 伊文

f0277234_13443222.jpg
1 タイトル 姫紫苑(ヒメジョオン)

2 撮影日 平成3017

3 撮影場所 周防大島町屋代ダム

4 友人と屋代ダムに写真の撮影に出かけました。木漏れ日の中に姫紫苑が一面に咲き誇っていました。

5 三原 伊文

f0277234_13445747.jpg

1 タイトル   歴史を生きる! 作品1
2 撮影日   平成3030
3 撮影場所  防府市


5 吉留 文男

f0277234_13452052.jpg
1 タイトル   歴史を生きる! 作品
2 撮影日   平成3030
3 撮影場所  防府市

5 吉留 文男

ゲスト参加の明石さんの作品です。(木村さんの選評対象外)
f0277234_13455465.jpg
1 タイトル 柿の恵み
2 撮影日    平成26年12月13日
3 撮影場所 周南市鹿野
4 食べ頃をじっと待っている生き物たちの営みを感じました
5 明石 哲弥

f0277234_13461051.jpg
1 タイトル   男と女
2 撮影日   平成1年12月29日
3 撮影場所  ウベア島(ニューカレドニアの離島)
4 映画「天国にいちばん近い島」のロケ地で撮影しました
5 明石 哲弥


「木村ヨーシローが選んだこの3枚」
一応自分がどういう想いで写真と向き合っているかを説明したほうが良いと思いまして僭越ながらひとこと。「写真というのは撮影者がどう被写体を見てどう撮るかという人それぞれの個性だと考えていて、私が他人の写真を見るときはその独自性や愛情(思い込み)の深さを重視して選びます。技術はそれを表現するために使うものだと考えていますので、技術が高くても見方が平凡だとつまらなく感じてしまう一方で、技術も向上させないと趣味としてもつまらないと考えています。」

それで今回気に入ったのは(古川さん1絆)ーツバメが6羽リズミカルの並んでいる姿を真下から!というのがとても新鮮でした。細い針金?に巻き付くホッチキスのような足。僕ならですが、きっちり水平に撮って美しいモノクロトーンにしたいと思いました。ご参考までに。
f0277234_13410778.jpg
(新保さん1生命 水玉に宿る)ー見事な水玉ですね。感動します。望遠効果もうまく使われていて画面上になだらかにボケて行く効果は写真ならではですね。このシーンの場合どこを切取るのが良いのか迷うと思いますが、こんなチャンスに遭遇したら数多く撮ってくださいね。
f0277234_13330774.jpg
(大久保さん1心の旅)ーガラスに写っているお二人の感じからこのお二人はどういうご関係かと想像しました。その想像したくなる余韻が良いと思いました。そしてタイトルの「心の旅」もぐっと来ます。お遍路さんの旅でのいろいろなシーンを見たくなります。写真で心の内を表現するのはとても難しいと思いますが是非これからもチャレンジしてください。
f0277234_13341882.jpg





by simasquare | 2018-07-19 13:53 | ふれあい市場写真展作品
2018年 06月 05日

第32回ふれあい市場写真展作品2018.5.13

今回の課題は「うきうき」でした。皆さんのウキウキ感が伝わったでしょうか?


1 タイトル  「おんな神輿 防府天満宮 その1」
2 撮影日    平成30年4月29日
3 撮影場所   防府天満宮にて 
4 天神様の階段を一気に駆け上ろうとして、神輿を担ぐ

 女性たちの気迫が伝わります。

5 防府市  吉留 文男
f0277234_22072077.jpg

1 タイトル 「おんな神輿 防府天満宮 その2」
2 撮影日    平成30年4月29日
3 撮影場所   防府天満宮にて 
4 天神様の階段を一気に駆け上がり、神殿へ神輿を奉

納する女性たちの笑顔にもさわやかさが輝いていました。

5 吉留 文男
f0277234_22084093.jpg

1 お宮参り

2 4月7日

3 美蒲神社

4 冴え返る やしろに祈る 児の未来

5 冨士光 弘治
f0277234_22092559.jpg

1 初節句

2 55

3 柳井市

4 たくましく 育て赤子よ 龍天に

5 冨士光 弘治
f0277234_22095966.jpg

1 海の駅の島高ブラバン

2 4月22日

3 安下庄

4 周防大島高校のブラスバンド部員が海の駅オープンを祝ってくれました。

5 三原伊文
f0277234_22104398.jpg

1 世界へ発信する海の駅

2 4月22日

3 安下庄

4月22日、念願の海の駅がオープンしました。

 「すおうおおしまあげのしょう海の駅」という名称で、世界中に英語で発信されます。これほどウキウキすることはありませんから、これを今回の作品とします。

5 三原伊文
f0277234_22112883.jpg

1 初開花

2 3月29日

3 柳井市日積

4 ​2年前にぶどう園に植えた桜が初めて花をつけました。

これから春のぶどう園の楽しみが増えました。

5 古川 松生
f0277234_22120290.jpg

1 真結花3才

2 4月2日

3 柳井市石井ダム公園

4 次女の娘、3才になる孫ですが、こう見えても強い

おてんばです。

5 古川 松生
f0277234_22123956.jpg

1 「花の後は、…(今年の桜はあっと言う間に散ってし

 まいました。)」

2 4月13日

3 昭和記念公園(立川市)

4 今年は寒い日が続いた後で急に暖かくなり、瞬く間に

桜が満開、そしてあっと言う間に散ってしまいました。些

か総花的で盛り込み過ぎ?ではありますが、気持ち

の華やぎをと、斯様な思いです。

5 秋葉 日出人
f0277234_22131616.jpg

1 花の後は2

2 撮影日 4月13日

3 場所 昭和記念公園(立川市)

5 秋葉 日出人
f0277234_22140289.jpg

1 タイトル:川の上を泳ぐ

2 撮影日:4月12日

3 場所:山口市仁保上郷

4 コメント:傍の中華そば屋さんから出たら楽しそうに

 泳いでいました。

氏名:山本信夫
f0277234_22144143.jpg

1 タイトル:笑う

2 撮影日:5月6日

3 場所:大島商船高専島スクエア起業教育センター

4 コメント:頼んでいた廃材利用の焼き芋器4台が完成

f0277234_22151691.jpg

1 タイトル:波照間ブルーに恋をして
2 撮影日 :2018.4.26
3 撮影場所 :沖縄

5 氏名:大久保 妙子

f0277234_22165645.jpg

1 タイトル:いにしえの時を超え
2 撮影日 :2018.4.29
3 撮影場所 :北九州市

5 氏名:大久保 妙子

f0277234_22181245.jpg



by simasquare | 2018-06-05 22:22 | ふれあい市場写真展作品
2018年 03月 21日

第32回島スクエアふれあい市場写真展30.3.11

f0277234_22452426.jpg
f0277234_22092350.jpg
1 タイトル  折り鶴と少女たち(ひろしま平和教育をカンボジアの子どもたちと)
2 撮影日 2017.11.17
3 撮影場所 カンボジア・プノンペン‐フンセン・サンペアン・ピアップ中高一貫校にて‐
4 コメント 絵本「サダコのおり鶴」の読み聞かせの後、子どもたちと一緒に鶴を折りました。帰国後、広島・原爆の子の像に奉納。
5 氏名 新保 眞理
f0277234_22101625.jpg
1 タイトル 折り鶴と少年たち(ひろしま平和教育をカンボジアの子どもたちと)
2 撮影日 2017.11.17
3 撮影場所 カンボジア・プノンペン‐フンセン・サンペアン・ピアップ中高一貫校にて‐
4 コメント 絵本「サダコのおり鶴」の読み聞かせの後、子どもたちと一緒に鶴を折りました。帰国後、広島・原爆の子の像に奉納。
5 氏名 新保 眞理
f0277234_22114620.jpg
1 タイトル   耐える
2 撮影日   2月12日
3 撮影場所  柳井市
4 コメント  雪の日の柿の木。じっと耐えているように見えました。
5 氏名    上本 知
f0277234_22123181.jpg
1 タイトル   月夜に待つ
2 撮影日    12月2日
3 撮影場所   柳井市
4 コメント  月夜に長時間露光してみました。若干星が流れてしまいました。
5 氏名    上本 知
f0277234_22132023.jpg
1 タイトル  臼杵の街並み
2 撮影日  平成30年2月4日
3 撮影場所 大分県臼杵市本町
4 コメント 臼杵城址北側の古い家並の商店街の一コマです。
5 氏名 山本 信夫
f0277234_22135340.jpg
1 タイトル  臼杵の石仏
2 撮影日  平成30年2月4日
3 撮影場所 大分県臼杵市深田
4 コメント 50年ぶりの参拝となりました
5 氏名 山本 信夫
f0277234_22143111.jpg
1 タイトル  春が来た
2 撮影日  平成30年2月24日
3 撮影場所 柳井市日積
4 コメント 寒い日が続いていてもちゃんと花を咲かせます。自然はすごい。
5 氏名 古川 松生
f0277234_22150353.jpg
1 タイトル  干しブドウ
2 撮影日  平成30年2月14日
3 撮影場所 柳井市日積
4 コメント 気づかなかったブドウがなんと干しブドウになっていました。
5 氏名 古川 松生
f0277234_22154008.jpg
1.タイトル:天空の月
2.撮影日:2018.1.4
3.撮影場所:岡山県美作市
4.
5・名前:大久保妙子
f0277234_22160303.jpg
1.タイトル:オレンジ色の世界
2.撮影日:2018.2.9
3.撮影場所:岩国市
4.
5.名前:大久保妙子
f0277234_22163686.jpg
1.タイトル:春一番、ここは何処?
2.撮影日:2018.1.22
3.撮影場所:府中の自宅窓から
4.翌朝の交通機関は?と案じながら、です。
5.名前:秋葉 日出人
f0277234_22170923.jpg
1.タイトル:春一番、もう少しで桜咲く
2.撮影日:2018.2.19
3.撮影場所:上智大側の遊歩道にて
4.
5.名前:秋葉 日出人
f0277234_22175845.jpg
1.タイトル:バラの贈り物 1
2.撮影日:平成30年2月21日
3.撮影場所:防府
4 こちらは今月末で退職になります。最後の仕事を終えて帰宅したらバラの花束が届いていました。思いがけないバラの美しさに魅せられ記念にと撮影しました。
5.名前: 吉留 文男
f0277234_22250722.jpg
1.タイトル:バラの贈り物 2
2.撮影日:平成30年2月21日
3.撮影場所:防府
4.
5. 名前: 吉留 文男


by simasquare | 2018-03-21 22:28 | ふれあい市場写真展作品
2017年 12月 24日

第31回ふれあい市場写真展29.11.12

f0277234_15553242.jpg
第31回ふれあい市場写真展
f0277234_15521141.jpg

出航前! 飛鳥II

201710月6日

中関港

夜の港で出航を待つ大型客船飛鳥II、ライトアップされた姿は優美そのものでした。

吉留 文男
f0277234_15521652.jpg

2017年11月6日

吉和にて

秋晴れの吉和は紅葉の盛りで、もみの木パークから見える中国山地は赤や黄色の絨毯を敷いたような景観でした。その中の一本の紅葉が私の目に留まりました。

吉留 文男
f0277234_15522208.jpg

絢爛

2017年9月26日

柳井市日積

彼岸花の造形は神がかりですね。

古川松生
f0277234_15525659.jpg

凛として立つ

2017年9月28日

柳井市日積

美しい 姿儚き 彼岸花

古川松生
f0277234_15530601.jpg

水軍寺1

20171031

周防大島町西屋代

俳句:鐘の音四方(よも)に流るる刈田かな

三原 伊文
f0277234_15542884.jpg

水軍寺2

20171027

周防大島町西屋代

俳句:白秋といふに得心水軍寺

三原 伊文
f0277234_15532219.jpg

天神まちかどフェスタ

~懐かしのマツダK360登場~

2017101

防府市

山本 信夫
f0277234_15533504.jpg

天神まちかどフェスタ~賑わい~

2017101

防府市

山本 信夫
f0277234_15544539.jpg

重力波観測の先駆け TAMA300 ~ノイズとの戦い~ その1

2017年10月14日

東京三鷹 国立天文台

秋葉 日出人
f0277234_15534276.jpg

重力波観測の先駆け TAMA300 ~ノイズとの戦い~ その2

2017年10月14日

東京三鷹 国立天文台

秋葉 日出人
f0277234_15545484.jpg

月夜

201793

柳井市茶臼山古墳

上本 知
f0277234_15550094.jpg

佐賀バルーンフェスタ 『夢を乗せて』

2017113

佐賀市

前 貴棋
f0277234_15550565.jpg

佐賀バルーンフェスタ 『デイドリーム』

2017113

佐賀市

前 貴棋
f0277234_15551190.jpg

あれ?お姉ちゃん、どこ行ったの?

20171030

大竹市

大久保 妙子
f0277234_15551542.jpg

中身はな~に?

2017年10月30日

大竹市

大久保 妙子
f0277234_15551803.jpg

志佐の山道からの眺め

2017年8月4日

周防大島町志佐

東 賢治
f0277234_15552433.jpg

横見の小島と夕日

2017年9月28日

周防大島町横見

東 賢治
















by simasquare | 2017-12-24 16:12 | ふれあい市場写真展作品